それは、はじめ「伝達」というコミュニケーションの一手段にすぎませんでした。しかし、人間の「知」の成長とともに、「美」への感性が生まれ、サインは機能的な役割に加え「装飾」という意味を持つようになったのです。そして「装飾」は、時に飾るべき本体とうまくシンクロすることにより、人の心に感動を呼び起こします。アイデンティティを「自信」と訳した人がいましたが、CIの表現としてのサインは、今を生きる「社会の自信」を語り続けることでしょう。







 JR大阪駅「時空の広場」 金時計   銀時計



 JR新大阪駅



JRユニバーサルシティ駅



 OAP(三菱地所)



 JR京都駅ビル(JR西日本コミュニケーションズ)



 JR京都駅ビル(JR西日本コミュニケーションズ)



 JR京都ビル(JR西日本コミュニケーションズ)



 JR京都駅ビル(JR西日本コミュニケーションズ)



 横浜スカイビル(三菱地所)



 ツイン21



 住友生命 御堂筋ビル



 ヒルトンプラザ



 インテックス大阪



 コナミ



 西武 大津店



 岡山シンフォニーホール





Copyright(c) YAMAKIN CO.,LTD. All rights reserved